トップ > チーム紹介 > さいたま市中央

さいたま市中央

チームページ
チームページはまだ登録されていません。
フォト >チーム写真アルバムへ
さいたま市中央アルバム【224】
  • 選手数 
    3年 2年 1年 新入生
    0 0 0 0
  • 選手紹介 選手一覧
  • 設立 1970年
  • 主な活動場所

  • 連絡先
    山岸 和美
    080‐3316‐2244
  • ★過去大会戦績 →全て


チ-ムモット-「一丸野球」・「三位一体」

さいたま市中央シニアでは「野球が大好きな子供達をお待ちしております」
野球が大好きな子は大歓迎です

さいたま市中央シニア目的

在団法人日本リトルシニア野球協会関東連盟の規約に基づき、支部等の趣旨に則り、硬式野球を通じて強健な身体と精神の養成、規律正しい明朗で強調性をもつ社会人に育成し、技術の向上を図ることを目的とする。
チ-ム約束

1.挨拶をしっかりする
2.基本を大切にする
3.チ-ムワ-クを大切にする
4.物を大切にし、野球が出来る環境に感謝する
5.目標を持つ
6.学ぶ姿勢
7.約束は守る

1.挨拶をしっかりする

「おはようございます」
「ありがとうございました」
「こんにちは」
「お願いします」
など、大きな声でしっかりと挨拶の出来る人間になる事
挨拶は、人間として行きていくうえでの「基本」です。
野球の基本の前に人としての基本が大切です。
2.基本をしっかりする

何事も基本が大切です
「投げる基本」
「捕る基本」
「打つ基本」
「走る基本」
指導者の教える通り、何回も反復練習をする事。
基本が出来ていない選手は、将来伸び悩み名プレ-ヤ-になれない
基本の大切さをしっかりと学ぶ事


3.チ-ムワ-クを大切にする

野球は団体スポ-ツです。
試合はもちろん「キャッチボ-ル」でも「トスバッティング」でも一人では出来ません。
キャッチボ-ルでは「相手の捕りやすい所に投げてあげる」
トスバッティングでは「相手の捕りやすい所に打ってあげる」
を心がけると、練習の時・試合の時におのずとチ-ムメイトの「気持ち」がわかってきます

4.物を大切にし、野球が出来る環境に感謝する

「グロ-ブ」
「バット」
「スパイク」
などの野球道具は「感謝」の気持ちを持って扱う事
道具は使う人の心がわかります
いい加減に扱えば、チャンスの時に打てないし・守れない。
一日でも長く使えるように大切にする事
グランドには神様がいます。ツバを吐いたり、ゴミを散らかしたりしたらいけません。
勝利の女神は背を向けます。練習が終ったら、選手全員でグランド整備をする事

5.目標を持つ

「個人の目標」
「チ-ムの目標」
を必ず持ち、それに向かって最大限、努力をする事

6.学ぶ姿勢

  学ぶ姿勢をいつも持つ事

7.約束は守る

  約束は守る為にある
一丸野球=メンバ-もベンチも応援も心一つにして全国大会を目指し活動しております
三位一体=「選手」・「スタッフ」・「父母」が一つとなり活動していく
上記を信条とし、将来、高校に進んだ時に直ぐに活躍出来る様にを心がけ指導しております
また、やらされる練習ではなく自分達で考え・行動する練習を行っています
特に「挨拶」「礼儀」「道具&仲間の大切さ」等の野球を通じた、人間教育は厳しく指導しています


検索メニュー
◆選手名
(選手名検索)

◆大会結果
(大会名から検索)

◆試合結果 (チーム名から検索)

◆チーム紹介 (チーム名から検索)